東京国際交流学院池袋校 

トピックス

中国浙江省安吉 上墅私立高級中学一行が本校を訪問しました

中国浙江省安吉 上墅私立高級中学一行が本校を訪問しました

トピックス
11月17日(日)、中国浙江省安吉県上墅私立高級中学の学生、教職員の短期研修訪日団一行33名(団長 王丹講師)が、東京国際交流学院池袋校を訪問しました。 当日午前、笑顔輝く中国の若い友が本校に到着。葉山青子理事長、東京国際交流学院(八王子校)の松本和代校長、同池袋校の江﨑公希校長、両校の日本語講師スタッフが一行を熱烈に出迎えました。 歓迎交流会では、冒頭、八王子校の松本校長、池袋校の江﨑校長、土橋教務主任から歓迎の挨拶があり、上墅高級中学卒業生の当校で日本語を学び、現在著名な大学に留学している楊一鳴さんが、自分の留学体験を語り一行を歓迎しました。 その後日本語講師スタッフの説明を受けながら、日本の“浴衣”を着用し、歓声を上げながら自分の“浴衣姿”を互いに写真を撮り合い楽しんでいました。 また日本の食文化の“海苔巻き”の実習も体験をし、スタッフの手法をまねながら、極大の海苔巻きに挑戦するなど、出来上がった、初めて食する“海苔巻き”の味に舌鼓を打っていました。 短時間ではありましたが、“浴衣”、“巨大な海苔巻き”と初めての経験で、日本の衣食文化を体験、満喫でき、とても充実した楽しいひと時でした。 東京国際交流学院池袋校
A2クラス課外授業

A2クラス課外授業

トピックス
今年10月に入学したA2クラスの皆さんと飛鳥山と飛鳥山博物館に行ってきました!皆さんがとても仲良しで、先生たちもほっこりしました。日本語の勉強ももちろんですが、私たち学校職員一同は学生たちとともに素敵な留学の思い出を作っていきますので、これからもよろしくお願いします! 東京国際交流学院池袋校
東京国際交流学院池袋校 学生インタビュー

東京国際交流学院池袋校 学生インタビュー

トピックス
ロシアの学生を紹介する株式会社MANABOさまに学生のインタビュー記事を書いていただきました。 日本留学に興味がある人にとって、学生の声が参考になりますように!   東京国際交流学院池袋校 (日本語訳) 日本と日本での生活について-東京国際交流学院池袋校(TIEC)の学生 JR大塚駅のそばにある東京国際交流学院池袋校は、講師やスタッフが学生一人一人をしっかりサポートしています。株式会社MANABOは学生たちに「なぜ日本にきたのか」「日本での学生生活はどうか」を聞いてきました。   学生(中国) より早く日本語を習得するためには、たくさんコミュニケーションを取ることが大切   私は約1年前に日本に来ました。現在N3の試験対策クラスで勉強していますが、N2にもチャレンジしたいと思っています。日本語を話すのはまだ少し難しいですが、将来は中国にある日本企業の通訳として働きたいので、今一生懸命勉強しています。 日本での生活にはかなり慣れてきましたが、まだまだ日本人と話すときは緊張します。ですが、言語をより早く習得するためには、常にコミュニケーションをとる必要があります。その方法としてアルバイトもとても大切です。現在牛丼チェーンのファストフード店でアルバイトをしています。 また、学校の先生はとても親切で、私が理解できないときにも簡単な言葉で説明してくださいます。クラスメートともコミュニケーションをとるようにしていて、フィリピンからの女の子と友達になりました。休日は友達と出かけたり、学校の行事で出かけたりもします。去年の卒業生の卒業旅行はディズニーランドに行きました。   学生(ベトナム) 自信を持つことが日本語が話せるようになるために重要なこと
本校留学生第28回城西大学日本語スピーチコンテストで受賞!

本校留学生第28回城西大学日本語スピーチコンテストで受賞!

トピックス
本校の留学生MENDBAYAR MUNKHTAIVANさんが第28回城西大学日本語スピーチコンテストに参加し、見事坂戸市長賞を獲得しました!!彼は普段から日本語学習への意欲が強く、学校ではいつも積極的に先生や職員たちに話しかけたりしていたので今回の活躍をみて私たちもとても誇り思っています!! 東京国際交流学院池袋校
江﨑校長 ガルージンロシア大使と会見

江﨑校長 ガルージンロシア大使と会見

トピックス
10月15日(火)、江﨑校長は在日ロシア大使館を表敬訪問し、ミハイル・ガルージン大使と会見懇談しました 江﨑校長とガルージン大使は、同大使が日本留学の時からの旧知の友人で、久方ぶりの再会を喜び合いました。 懇談では当時の懐かしい思い出や露日両国の教育文化交流、日本語教育等についても話がありました。  東京国際交流学院池袋校