東京国際交流学院池袋校 

ごあいさつ

東京国際交流学院池袋校  理事長よりご挨拶

本校創立時に掲げた、「公平、平等、自立的なコスモポリタン(国際人材)の育成」という教育理念の下、日本語だけでなく、日本文化や企業精神などの教育を通じて独創性や、深い洞察力、実戦力や生きる力を培うことにより、若者たちの潜在能力を最大限に引き出すことを目標としてきました。

グローバル化が進む社会の中、この素晴らしい国である日本に来日した 皆さんの夢や目標が達成できるよう、そして将来的に母国や日本を含めた 国際社会に貢献できるよう教職員一同全力で邁進していく所存です。

東京国際交流学院
理事長 葉山 青子

東京国際交流学院池袋校  校長よりご挨拶

さあ、一緒に勉強しましょう!何かの縁あって、こうして出会ったのを大切に。

東京国際交流学院は、東京の西部に位置する学園都市、八王子市に誕生して早や15年あまり。
当学院は留学生および履修生(学院外を通じてビザを取得した人)の初志をかなえるべく、日々邁進しています。

本校の教育モットーは、個々人のニーズに応えるのは言うに及ばず、学生諸君が日本語、さらに日本の文化、習慣などを学び、自身の目で日本の長所短所を見分け、究極的にはグローバルに活躍できる人材を養成することです。

ところで、日本というと「世界一安全な国」とか「人間を幸福にするシステムを持たざる国」とか言われています。真偽のほどはいかがですか。
毎日、新しい知識を得て、実際に感じ、見て、自身の目で日本を理解してください。
生涯で一番大切な青春の一コマを、私たちの学校で有意義に過ごしましょう。

では、皆さんを日本で待っています。