東京国際交流学院池袋校 

授業について

授業内容

本校では語学教育のみならず、学生を進学あるいは就職させるために必要な特別授業も充実しています。教育方針、教育課程計画、使用教材の綿密な研究及び開発、カリキュラムは生徒の語学のレベルに合わせ、着実に力をつけていくことを重視しています。語彙の使用に注意し、授業は「聞く」、「話す」、「読む」、 「書く」を中心に、少人数制の授業システムを採用し、特別補習授業の実施により、個人の能力強化、生きた正しい語学の教育に努めます。

また、授業以外でも、大・高・中・小学校や地域との交流を通し、学生の日本文化への理解を深めるとともに、日本留学試験、日本語能力試験、希望大学への入学出願手続き、大学院や専門学校等への進学指導を適宜行っています。

学習内容

入学の時期は年間を通じて4月、10月を選ぶことができます。
(日本語、進学課程以外は随時入学可能です。)

  • 4月入学:2年コース
  • 10月入学:1年6ヵ月コース

教科課程

教科課程は4つの中から選ぶことができます。

1. 進学課程

日本の専門学校、短大、大学、大学院への進学を目標としています。
初級 発音練習、日常会話、基本文法 日本語能力試験 N5~N4レベル
中級 中級読解、聴解練習、語彙、作文、漢字読み書き 日本語能力試験 N3~N2レベル
上級 上級読解、聴解練習、論文の書き方、日本事情 日本語能力試験 N1レベル

初級

はじめて日本語を学ぶ者、または多少の学習経験はあるが中級レベルに達しない者が対象です。発音や挨拶など、日常生活で必要最低限の会話、ひらがな・カタカナ・漢字をまず学びます。基礎的な語彙を増やし、基本文型や文法の習得を目指します。

中級

すでに学んでいるレベルから漢字・語彙・文法の拡大をはかりながら、より高いレベルの話し言葉・書き言葉の習得を目指します。漢字も語彙も豊富になり、様々な場所で活用できる日本語能力を身につけます。

上級

専門分野の初歩的な講義が理解でき、議論や発表が可能になるレベルまで目指します。また、新聞や雑誌、専門書などが早く理解できるように練習し、文章の構成力を養った上で、受験の際に必要なレポートや論文が書けるレベルに到達します。
また、よく使われる口語表現等も学び、日本人との会話において意思疎通が自由にできること、日本語らしい文章を書けるようになることを最終的な目標とします。

2. 履修生進学課程

募集対象:大学または大学院等への進学希望者
日本に滞在することができるビザをお持ちの方 (家族滞在・永住権など)

応募資格:高等学校卒業見込み、又は卒業以上の学歴を有し、心身共に健康な方

3. 履修生課程

日本語の「聞く」「話す」「読む」「書く」の技能を高め、日本文化、社会などを総合的に学習し、理解できるよう指導します。
入学およびクラス見学は随時可能です。直接学校にお越しください。
募集対象:日本に滞在することができるビザをお持ちの方 (家族滞在・永住権など)

4. 個人授業 (プライベートレッスン)

教師一人に対し学習者一人のコースです。個々のレベル・要求に合わせた授業を実施します。

学習者のニーズに合わせてきめ細かい学習を行うことができます。

※教師のスケジュール等もございますので、事前に時間希望等、お問合せください。